うつ病の主な症状

代表的な症状「抑うつ気分」とはどんな状態?


うつ病の患者によくみられる症状として挙げられるのが、「抑うつ気分」です。言葉だけなら聞いたことがある人も多いと思いますが、実際どんな症状かご説明します。「気分が落ち込む」「悲しい」「希望がない」といった状態が、ほぼ毎日、一日中続きます。そういった状態が2週間以上続くことが、診断の一つの目安となります。人は誰しも気分が落ち込んでしまったり、悲しみに心を占有されてしまうことがあります。しかし、うつ病患者の多くは、その苦しみから抜け出せずにいます。また、人によって症状は様々です。怒りっぽくなる人もいますし、明確な理由がなくても涙が止まらなくなることもあります。今まで好きだったことにも興味が湧かなくなってしまう、といった状態も多くの患者に見受けられます。

うつ病とは心の症状だけではない


うつ病とは心だけの病気と思う人も多いかもしれませんが、からだにも異常をきたしてしまうことがあります。たとえば、「頭や肩などの痛み・重さ」「眠れないなどの睡眠障害」「食欲減退」など、様々な症状を強く感じることがあります。これらの症状は、運動不足や生活習慣の乱れなどによっても起こります。しかし、うつ病によるからだの不調は、からだ自体には原因が無いことが多いため、血液検査や画像検査で見つけることができません。そのため、診断されるまでに時間がかかってしまう場合があります。運動や入浴をしたり、マッサージを受けても症状が改善されない時は、精神科(または心療内科)の受診もおすすめします。問診によって、自覚していないうつ病の症状が見つかることもあります。