抗うつ薬を中心とした薬物療法

目的と役目元に戻す効果


うつ病を直すために抗うつ薬治療は不可欠と言われています。ただうつ病患者の中には処方される抗うつ薬の服用に対して消極的な人もいます。抗うつ薬は服用することで脳内環境を調整する役目があります。うつ病は身内や親しい人との死別、他にも様々な辛い出来事で発症することがありますが、世間でよく言われるような単なる心の強さの問題ではありません。病的に気持ちが落ち込んでしまうのは脳内環境のバランスが、崩れているからだと言われています。抗うつ薬は崩れてしまった脳内環境のバランスを発症前の状態に戻す薬です。心に効くと言う薬では無く脳内の神経伝達系に、働きかける必要性のある薬だと言うことをうつ病患者は理解する必要があります。

経済的な負担が大きい新しい薬


抗うつ薬を服用して抗うつ効果が現れるまでには、個人差がありますが少し時間が必要で1から2週間はかかります。結果抑うつ症状が見られなくなったとしても、脳内環境は自力での調整が無理なため抗うつ薬の服用は止めてはいけません。再発防止のためにもしばらく服用を続けます。初めて発症した人の服用する期間は大体半年位と言われています。ただ何度もうつ病が再発する場合は長期間の服用が必要になります。脳内の神経伝達系にはセロトニンとノルアドレナリン系があり抗うつ薬はそこに作用します。新しく開発された薬ほど治療効果も高く、副作用も少ないことが分かっています。しかし新しい薬は昔からある薬と比較すると経済的な負担が大きいと言えます。