医師・カウンセラーによる精神療法

精神病治療の必要性とカウンセリングを行う理由


心の病の一種であるうつ病は誰でも発症する可能性がある一方、症状が軽微なものは一時的な気分の落ち込みと誤解されがちです。しかし、うつ病は放置すると症状が重篤化しやすいので速やかな治療が必要になります。うつ病の治療は精神病を扱う病院で受けるのが最適ですが、病院の利用に対する偏見があるのも事実です。そのため、病院側も建物の造りを明るく開放的な物にしたり、雑居ビルに軒を構えて第三者に知られないようにするなど工夫をしています。専門医による治療は投薬の他にカウンセリングが主流ですが、これはひと口にうつ病と言っても患者によって発症の原因が異なるためです。原因を特定しなければ最適な治療ができないため、医師やカウンセラーは患者に対するカウンセリングを重視します。

精神療法は治療する側の技量が結果を左右する


うつ病など心の病は腫瘍や骨折のような目に見えて分かる疾患が存在しません。そのため、治療を行う側は患者の容態を慎重に確認する必要があります。カウンセリングを含む精神療法は患者との信頼関係が構築されて初めて効果が得られる方法です。医師やカウンセラーの技量が重視されますが、誤った方法で行うと患者を特定の方向に誘導してしまうおそれがあるので十分に注意しなければいけません。また、心の病を抱える患者への接し方についても画一的な模範解答は存在しないので、患者ごとに接し方を変える必要があります。精神療法は患者に信頼されないと良い結果を得られないので、何度もカウンセリングを行って心の問題を正しく把握することが重要です。

磁気刺激治療は薬物投与や外科手術とは異なり、効果が出るまで時間がかかります。これは磁気の作用で体質を少しずつ改善させるためです。